病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

「みんなに嫌われる体臭を改善したい!」自己臭恐怖症を医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自己臭症について大切なこと

【執筆・監修】
医学博士 丸井友泰(日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医)

丸井友泰
【経歴】
2010年名古屋大学医学部卒。2018年同大学院博士課程修了。医学博士。
名古屋大学医学部付属病院精神科などを経て、現在は複数の企業と契約し、労働者の総合的な健康状態の向上を目指して、助言や指導、研修や衛生講話を通じた安全衛生教育などといった産業保健活動に取り組んでいる。
また、総合病院心療内科にも勤務し、がん患者の終末期医療も担当している。その他、Webマガジン「現代ビジネス」で、メンタルヘルスを主なテーマに、記事の執筆・監修を行っている。

自分の臭いが、必要以上に気になってしかたがないという人は、もしかしたら「自己臭症」かもしれません。
自分の臭いに敏感な人に、「(気になる臭いは全然しないけど)どうしてそんなに臭いが気になるの?」と尋ねると、こんな返答がある場合があります。
「自分の周囲の人が、せき払いをする」
「会話中に、顔を背けられるから」
このような勘ぐりや、思い込みがどんどんエスカレートし、「自分の発する臭いが周囲の人に迷惑をかけているのではないか」という不安に陥ります。
ひどい場合には、自己臭症(自己臭恐怖症)に至ることがあります。

あなたのスマホが、お薬手帳に!

新型コロナウイルス感染症拡大防止の影響に伴い、一部店舗において臨時休業または営業時間を短縮としている場合がございます。
店舗に行かれる場合は、お手数ですが直接店舗にお電話にてお問い合わせの上、営業状況をご確認ください。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

わたしは、臭いですか?

自己臭症を発症すると、自分の体から嫌な臭いがしている気になり、次のような悩みを抱えるようになります。

  • 周りの人々に嫌われている
  • 避けられている
  • 不快感を与えているなど

他人の何気ない言葉や行動の原因を、自分の臭いによるものだと捉えてしまうのです。
幻臭(※)を伴う場合もあります。
どちらかというと若い世代に発症することが多く、恐怖症の一つとも考えられます。
幻臭:実際は存在しない臭いを感じること

自己臭症を発症すると、他人の動作(せきをする、鼻をすするなど)が過剰に気になり、恐怖を感じてしまいます。
そのために、社会生活から逃避し、引きこもってしまうこともあるのです。

気になるところを、何度も洗う

症状はさまざまですが、具体的には下記のようなことがあります。

  • 実際に発しているわけではないのに、自分が発した口臭や体臭のせいで周囲の人から嫌がられているのではないかと妄想してしまう。
  • 周囲の人の行動(せきばらいをする・鼻をかむ・鼻をすする・鼻に手を当てるなど)に対して、自分の臭いのせいではないかと過剰に反応してしまう。
  • 周囲の人々の行動に対する恐怖心から、生活の質が低下していく。
  • 重症になると社会生活から逃避しようとする。
  • 人が密集する場所(教室・公共交通機関・エレベーターなど)に行くことや人との会話に大きな恐怖を感じてしまう。
  • 臭いを抑制しようとして、気になる部分を1日に何度も洗う。
  • 下着を頻繁に替える。
  • 消臭剤を過剰に使うといった強迫的行為がみられる。

自己臭症をきっかけに、うつ病を併発すると、継続的に気持ちが落ち込み、好きだったことも楽しめなくなってしまいます。

完璧主義者が、かかりやすい

自己臭症について大切なこと
自己臭症の治療は、心理面へのアプローチが必要になります。
基本的には、面接による心理療法が行われます。
心理療法により、自分の体臭や口臭が原因で、周囲の人々に嫌われているのではないかという考えを、修正してゆくのです。
人が密集する場所や、会話が必要な場面など、苦手な状況にあえて身を置き、恐怖心を徐々に取り除いていく暴露療法も、有効な場合があります。

また、心理面だけが原因ではなく、セロトニンという脳内神経伝達物質の不足も、原因の一つとも考えられています。
そのようなときは薬物療法を行う場合もあるでしょう。

  • セロトニン量を調節する抗うつ薬
  • 不安・緊張を緩和する抗不安薬など

自己臭症は、完璧主義傾向の人がかかりやすいとも言われているため、カウンセリングや集団心理療法を行い、完璧主義傾向と上手に向き合えるように、サポートすることもあります。
治療が難しいと言われてきた自己臭症ですが、根気よく治療を続ければ、通常の社会生活を送れるようになると期待されています。

まとめ

自己臭症を発症すると、自分は周囲の人々から嫌がられる臭いを発していると強く思い込んでしまうため、自分の意思で精神科や心療内科を受診することは多くないようです。
自己臭症の症状が進行すると引きこもりがちになり、日常生活および社会生活が困難になる場合もあります。
自分の臭いが気になる方は、そのような状態に陥る前に、精神科や心療内科を受診し、相談しましょう。

次の記事もチェック!

たくさん汗をかくから健康的?多汗症に隠れている主な病気をチェック
【保険利用可も】わきの臭いとバイバイできるオススメわきが手術6つ

あなたのスマホが、お薬手帳に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加